アーユルヴェーダharunaのブログ

日々頭の中で考えてることを、なんとなく書いてます。基本、からだのこと。健康第一!

1日の水の摂取量

これも自分はどの飲み方が合っているのか考えた方がいいと思う。

 

いろんな考え方があるので、一概には言えません。

 

しかしアーユルヴェーダの考え方は、アグニ(消化力)が強い人ならたくさん飲んでも構わないけど

 

1日1ℓ以上は常温でもアグニ(消化力)が弱まるので、白湯を700〜800㎖摂るのをすすめている。

 

ハリウッド女優は美を保つために、2ℓの水を毎日飲んでいるし…!!と情報だけを受け取り、『そうか!わたしもそうしよう!』と思っても、全員が全員同じ体質ではないので、その方法で同じ結果が出るとは限りません。

 

エステティックサロンでも2ℓを勧めるところ、もしくは全く飲まずに氷を口に含みながら汗を出しきり、そこでサプリメントを飲む!という正反対のことをしていたりします。

 

サロンによって考え方が違うので、アドバイスすることも、トリートメントも正反対だったりすることがあります。

 

わたしもマッサージをしているときに、とても汗をかくので水分補給をしっかりしよう!とたくさん飲んでますが、

 

アーユルヴェーダ的にも、陰陽五行的にも水分を排出する力が弱かったり、冷えやすかったりするので、そんなに水は飲んではいけない体質のようです。

 

確かに何年もがぶがぶ飲んでいますが、全身むくんでいます。

 

もしかしたら背も小さいので、標準の量は飲んではキャパオーバーなのかもという説も…?!

 

この本は水を食事の時以外はがぶがぶ飲もう!という考えの本。

病気を治す飲水法―万病を予防し治す水の力を総解説!

病気を治す飲水法―万病を予防し治す水の力を総解説!

 

 

 

しかしアーユルヴェーダでは、朝から白湯を飲み、一口づつすすりながら食事を摂る。

 

そうすると胃腸がきれいになるそう。

 

今まではどういう飲み方だったのか。

それによってどうなっているのか。

 

一度立ち止まって自分を振り返ってみるのもいいかもしれません。